辛い昼夜逆転をたった1日~3日以内に治す方法

How-To

辛い昼夜逆転を一気に治す方法

連休が続いたり、就業時間が変わったり、体調が崩れてしまったりした時など、昼夜逆転になるきっかけが多いにも関わらず、1度なってしまうと治すのが大変な昼夜逆転。

このページでは、そんな昼夜逆転を1日~3日以内にパパっと治してしまう方法を経験者が紹介したいと思います。あ、因みにガッツリ夜型です。

※誰でも絶対治るとは限りません。尚、改善できなかった場合でも責任は負いかねます。

オールする

オールとは、1日起きていること。
つまり、夜まで寝ないということです。

オールしてリセットする方法は向き不向きはっきり分かれると思います。

そもそもオールができないという方もいらっしゃいますし、そうでなくても睡魔と戦うのは相当しんどいですよね。

そこで、いくつか耐え抜く方法を挙げてみました。できれば全部合わせてやると効果大です。

運動する

運動と言うと色々ありますが、できるだけ長く続けられる運動がいいです。

例えば

  • ガムを噛む
  • ジム
  • サイクリング
  • 少し遠くまでの散歩やランニング
  • 20秒から1分間の激しいモモ上げを数時間おきに
  • 階段や踏み台、段差を昇り降り

などが挙げられます。

ガムを噛むと脳が刺激されて眠気が覚めるのはご存知かと思います。
より効果を得たいのであれば、キシリトール系やカフェイン系のガム、硬めのガムを選ぶと良いでしょう。

運動施設はお金を払ってる為か、すぐ帰ることが少ないという点と、眠い時に運動をすると怪我したり、最悪の場合命を落としかねないので誰かがいる場所の方が安心だという点がメリットです。(ただし本当に倒れたり怪我したりしないように無理はしないで下さいね)

運動施設に行かなくとも、外に出てする運動は寝室や寝具との物理的距離が遠いですよね。

人間は物理的な距離が遠いほど、願望を満たす手順がめんどくさいほど、誘惑に勝ちやすくなるという特性があるので、家にいると寝てしまうという方におススメです。

外での運動は「疲れたから少しだけ休もう…」となりにくいだけでなく、日光を浴びることで自律神経を整えられるというメリットもあるんです。

一方で外に出ない方法としては、

  1. 20秒~1分間程階段を一気に昇り降りや激しめのもも上げ等をする
  2. ゆっくり足踏みや段差を昇り降りする
  3. そのままネットサーフィンやゲーム、動画鑑賞などをする
  4. 眠くなってきたら1から順番にする

上記のような順番で続けてみるのがおススメです。

余談ですが、シャワーを浴びる場合はぬるい温度(38度くらい)が良いですよ~。

カフェインを摂取する

ブラックコーヒーや緑茶、無糖の紅茶、ブラックチョコレートなどがおススメです。

カフェインの効果を考えると、4~5時間に1杯のペースが良いのではないかと思います。

因みに、片頭痛持ちの方は摂取量を抑えないと後々しんどくなるので注意してくださいね。

友達に会う

話相手がいると眠気が少し抑えられる方もいます。

コーヒーを飲みながらしゃべりまくるなんてのもたまには良いですね♪

小旅行する

小旅行は刺激ややることが多いため一番寝にくいのではないでしょうか。

更に結構疲れるので、その日はぐっすりだったりします。

寝る時間をずらす

例えば、いつも朝の7時に寝ているのを、8時間ずつずらしていくことによって3日以内に、オールなしで改善することができます

朝7時→8時間後に寝る→7時間寝たとしたら夜の10時に起床
夜の10時から17時間(24時間ー7時間)+8時間起きているとしたら夜の11時

8時間が辛い場合は短くしてもOKですが、その分治るのにも時間がかかります。

あとは『オールする』でも書いたように、運動やカフェイン摂取などの工夫をするのがおススメです。

睡眠時間を短くする

先ほどは寝床に就く時間の話でしたが、ここからは睡眠時間のお話です。

例えば、朝の7時に寝ているとしたら、3時間だけ寝てその日は起きているという感じに睡眠リズムに合わせて起きます。

個人差はありますが、1時間半~2時間、3時間~4時間にのタイミングで起きると良いと言われています

今は睡眠が浅い時に起こしてくれるスマホアプリもあるので活用してみてはいかがでしょうか。

因みに自分はSleep Meisterというアプリを使ってました。

入浴する時間を変える

そもそも、人間が眠くなる時は、体の内側の体温が下がっている時なんですね。

それを利用して、お風呂で体の芯から温めた後、ゆっくり体温を低下させていけば自然と眠りに就きやすくなります

なので、夜寝たい時間の1時間前くらいにぬるま湯につかるのがおススメです。

入浴後はスマホを観たり、筋トレしたりせず、なるべくリラックスできる状態にしておくと尚良いでしょう。

まとめ

  • オールする(1日)
  • 睡眠時間を短くする(1日)
  • 寝る時間をずらす(3日前後)
  • 入浴時間と温度を変える(+α)

オールする方法としては、以下の4つがおススメです。

  • 運動
  • カフェイン摂取
  • 友達と会う、しゃべる
  • 小旅行


この記事を読んだあなたにおススメ!

ドリエルとブロチゾラムの副作用を飲んでいた人が語ってみた

2019-04-21

眠れない人必見!?リラックスできる心理学

2019-06-13